育毛中に生える食事とハゲる食事

血流改善のためのマッサージや栄養サプリの使用、適切な運動など、同じ育毛方法取り入れていても、食事内容によっては全く効果が表れないといった差異が出てしまいます。

育毛に成功する人としない人の食事内容は、具体的にどう違うのでしょうか。

比較しながら見ていきましょう。

まずは、薄毛改善の見られない方の食生活から。

1) ラーメンやハンバーガーなどのジャンクフードが大好きでよく食べる。

2) お酒が大好きで、毎日のように飲んでしまう。

次に、育毛効果のある方の食生活。

1) 主食・主菜・副菜のバランスが調った、油脂の少ない食事(特に和食)を好む。

2) お酒はほどほどに嗜む。

それぞれ具体的に、どこが薄毛の原因となっているのか比較しましょう。

1)

ここで大きく違うのは、脂っこい食事を好むか否かということです。

ラーメンやハンバーガーなどのジャンクフードには油が多く使われています。

ジャンクフードには歴史的な成り立ちもあり、世界には油脂のカロリーを必要としていた方も大勢いましたが、現代の日本人には過剰摂取の原因となってしまいます。

油脂の過剰摂取は頭皮の皮脂分泌を増やすことにも繋がり、毛の成長率を低下させてしまいます。

反対に、バランスの取れた食事(特に和食)には、ほとんど油脂が使われません。

確かに伝統的で質素な和食は、油を使わなくても美味しくなるよう調理されていますね。

正常な量の油なら、毎日摂っても皮脂が過剰に分泌され、大切な毛根を皮脂で塞いでしまうということも少なくなるのです。

2)

お酒を飲む量に違いがありますね。

程よい飲酒は気分を高め、薄毛の原因となるストレス発散も助けてくれます。

しかし、お酒を飲み過ぎることは、育毛の妨げとなってしまいます。

その理由は、血流の低下です。

大量の飲酒で頭皮の筋肉を凝り固まらせてしまうことで、血流が低下してしまうという報告もありますが、血流が低下してしまうと抜け毛の原因となったり、毛が成長しない、また育毛剤やミストの効き目が悪くなってしまうのです。

育毛効果のある人と無い人の食事内容を簡単に比較しました。

毎日のように、食事にばかり気を付けなければいけないというのは疲れますが、

3日に1度だけ、たったそれだけ食事を改善するだけでも育毛効果が表れますので、少しずつ改善してみてはいかがでしょうか。

関連ページ・・》【スカルプDを知るために